2006年12月26日

qpdf2

ザウルスで動作する PDF ビューアーです。オリジナルに対して、日本語関連の不具合など一部を修正したパッケージが提供されています。以下のパッケージを順にインストールします。

青空文庫にある 『若草物語』 を PDF に変換して表示してみました。【View】 メニューの 【Embedded Fonts】 にチェックを入れて、【Fit to width】 を選択し、表示しています。

qpdf2.png

【Edit】 メニューの 【Preferences】 で各種設定を行ないます。僕の場合、

  • 【startup】 を 【dir browser】 に
    ※特定のディレクトリに PDF ファイルを集めてあるので
  • 【open file】 を 【last view】 に
    ※続きから読みたい場合が多いので…でもこのオプションって効いてないような?
  • 【initival view】 の 【render text】 にチェック
    ※常に埋め込みフォントで表示

に設定しています。

図表の多い大きめの PDF を読み込ませない限りは、動作は軽快です。ただ、ショートカット・キーが少ない(ページ・スクロールすらない)のと、[Menu] キーでメニューが表示されない(画面をタップする必要がある)ので、操作性はちょっと…という感じです。僕がよく使うキー操作をまとめておきます。

キー 機能
[Ctrl] + F フルスクリーン表示
[Cancel] フルスクリーン表示からの復帰
数字 + [Enter] 数字で指定したページにジャンプ
.(ドット) 最終ページにジャンプ
[Tab] 先頭ページにジャンプ
[+] 拡大
[-] 縮小
[Ctrl] + D ディレクトリ・ブラウザの表示

(余談)

前述の qpdf2 をパッケージングされたたくぼあきおさん日記の中に、ちょっと気になる記述がありました。

ソースを公開することでforkされても不利益を生じさせないというのはGPLの意図するところ、だと思うのですが…。フォークする自由があるのと同じだけ、派生物について好きなだけその成果を取り込むことができる、はずなのです(それにかかる手間、とかコストはさておき)。OPIEでの活動がベターだとしてもそれ以外のものを否定するのはどうかなーと思うわけです。qpdf2だってOpenEmbeddedではビルドできるように修正したのみ(qkonsoleの成果はembeddedkonsoleにマージされているようですが)だとすれば結果的にはKohn氏が活動しなくなった(?)不利益の方が大きいように見えてしまうんですが。

なるほどなぁ…という感じがしました。僕も不利益の方が大きいように思います…。



ラベル:PDF 電子書籍 Qtopia
posted by ハコ at 14:53| Comment(2) | TrackBack(1) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今になって、親戚からザウルスC=760をもらい、使い方を習っています。上記のqpdf2その順番にインストールしました。アイコン表示もできているのですが、アイコンをザウルス上でタッチし爆発の表示後どこにも行きません。しばらくお待ちくださいまでは出るのですが、その後、爆発表示に戻ります。私の場合、どうすればpdfファイルが読めるようにできるのでしょうか。ご返事よろしくお願いします。
Posted by mieko at 2007年09月28日 18:59
mieko さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

その現象は、多分、QVGA 画面での表示に切り替わろうとしてる状態だと思います。

qpdf2 の起動用アイコンを長押しするとプロパティ画面が表示されます。その中にある 「アプリケーションをVGA(480×640ドット)の画面に最適化して実行する」 のチェックを外して 【OK】 を押してください。その後、qpdf2 を再度実行してください。

今後とも宜しくお願いします。
Posted by ハコ at 2007年09月30日 14:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[Zaurus] Linux Zaurus Notes,qpdf2
Excerpt: PDFビューアのインストールから,よく使うキーをリストアップしています。操作性はちょっと...という感じだそうです。 http://linuxzaurus.seesaa.net/article/30..
Weblog: MOBILE DAILY NEWS blog版
Tracked: 2006-12-26 23:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。